2014年10月5日日曜日

ハノイにて

 久しぶりのブログだが、書き方も忘れている(笑)

 今日は今回ハノイに来て3日目の日曜日、金曜日の夜にラオスのビエンチャンからハノイ入りしたので、この町で初めて週末を過ごすことになった。
 もうすでに20回くらいこの町に来ているが、はじめの何回かのうちで、いわゆる観光名所なるものは現地の取引先が連れて行ってくれ、どこも社交辞令しか言葉に出てこない、私にしてみれば、どうでもいいような場所ばかり。ガイドブックを開いてもさして行きたいところもない。

 ベトナムの首都であり、それなりの都会なのだが、便利さになれてしまった日本人にとって、近所にコンビニがないことにこれほど困る町はない。町のあちこちに食堂やカフェらしき店の前の歩道上で、子供用の物としか見えないプラスチック製の背の低いイスに座って、お茶を飲んだり麺をすすっている人々の姿をよく見かけるが、その横にはだいたいこれまた子供用のいすに座ってジュースやビール類を、サンプルみたいに並べて売っているおばちゃんやおじさんがいるが、炎天下に晒されてほどよいぬる燗状態になった物はなかなか手が出ない。 
 缶ビール一日分数缶とちょっとしたおつまみ、それに小腹が空いたときの3個入りいなり寿司、くらいしか日本にいてもコンビニに入る目的はないのだが、それが出来ないのがすこぶるつらい。
しかたなく、散歩と称して冷えたビールを探しに行く。

 私がだいたい滞在するのは、観光客とバックパッカーでごった返しているホアンキム湖の南、毎朝の散歩をする公園を探しているうちに見つけた、大きな池のある「統一公園」近くのハイバーチュン地区にあるホテル。公園に近いと言うだけで選んだつもりが、上海の中山公園、バンコクのルンピニー公園になんとなく似ていて、なぜか近くに最近日本人が増えてきたのも妙に似ているようだ。
 そのハイバーチュン地区からひたすら北に行けば、冷えたビールも見つかるだろうと歩き出し、とりあえず大教会なる建物まで来る。日に何度か鐘が鳴るようだが聞いたことが無く、そもそも教会  
とはもっと公共性があり誰も入って良いはずだが、柵がしてあり入れないし、入場料を取ってみせる節もない、あるだけ、のつまらない建物。
 
その忘れ去られた遺跡みたいな建物の回りに、短パンとタンクトップ姿のヨーロッパ系の観光客が一気に増えてきて、みんな地図を片手にうろうろしている。
地域的にはホアンキム湖に近く、土産物屋がわんさか軒を並べているもののビールとかっぱえびせんが買えそうな店はない。
程なくして地図上で言う旧市街に入り、繊維街、建具街、仏具店街などの筋を次から次に歩いているうちに玩具街に入り込み、すごく懐かしい物に出会う。
 

昔の日本でもどこの家にも出産グッズの中に入っていたんじゃないかと思われる起き上がり人形。倒して振るとカラカラ音がするやつだ。この国では玩具店の一番見えるショウケースに入っている。
 
それだけ需要があるということだろう。

 しばらく行くと楽器屋街、楽器と行っても太鼓や笛など催事や祭りに使うような物ばかりで、
銅鑼の専門店などもある。

だんだん、このあたりで道がわからなくなって、いわゆる迷子状態。方向磁石を持ってくるべきだと思ったが、まあ、どうにかなるさと、歩き続けて、着ているポロシャツが汗で塩を噴いている。
缶ビールを買うより早く飲みたくなってくる。

  そうそう、ベトナムと言えば、女性は道行く人全てアオザイに包まれて、その曲線美にうっとりする、なんてことは全くない。例えば日本で和服姿の人が新宿西口にわんさかたむろしている、ということがないように、ベトナムでもアオザイの女性はローカルの高級レストランの店員か、祭りの時に見るくらいのもの。
こんな派手なアオザイを着るのは、日本で言えば銀座のクラブのママさんくらいなものかな。
私はこれまでこんな服を着た現物の女性は見たことがない。

と思いきや、いましたいました!
結婚式のパーティーだろうか、レストランを借り切り、歩道は完全に、車道もその幅の3分の1は選挙して派手にやっていたが、誰が新郎でどこに新婦がいるのか、着ているアオザイが派手すぎてわからない。赤いのが新婦だろうな。

しばらく行くと、竹専門店。竹に埋もれている店員がパンダに見えてしまった。
歩きに歩いて4時間あまり、ヘトヘトになり、足の裏にまめが出来ている感覚があり、
ホアンキム湖の風景でも眺めながら湖畔のカフェでとりあえずビール。
う~、うまい!
あれ?それにしても週末とはいえ、この静けさは何?
土石流のように流れてくるバイクも車のクラクションも聞こえなくて、カフェに流れる懐かしの70年代ロックが湖からの風に乗ってきて、道路は通行止めで歩行者天国状態、通っているのは人だけ・・・何これ?

池の横にある観光名所「玉山祠」に渡る橋に並んで大きなデコレーションがあり、
10.10.1954-10.10.2014の文字。
そう言えば、町のあちこちに祭りの飾りが付けられていたし、妙に国旗の数が多いと思い調べてみると、10月10日はハノイ解放記念日だとのこと。それも今年は60周年。

何だか向こうから銅鑼と太鼓の音が響いてきて、そちらへ向かうと、こんな団体が次から次へと出てくる。看板には「National Doragon Festival 2014」とあった。


「国民ドラゴン祭り」?
横浜や神戸の中華街の祭りで見るあの竜を操る団体舞踏のことのようで、それの全国大会と言うことなのだろう。日本で言えば全国獅子舞大会みたいなものかな。
さっき楽器屋で見た銅鑼や大きな太鼓などの鳴り物がしっかりそろえられている。
町一番の観光地の道路を通行止めにするくらいだから、浅草雷門前の通りを通行止めにして、全国獅子舞大会を催す、それに近いものかも。

それが、全国からトラックに乗ってやってきているようで、それぞれお揃いのユニフォームというか衣装を着ているのだが、孫悟空の集団が次々出現して、如意棒で竜の体をくねくねときれいに波打たせている、そんな風にも見える。
その孫悟空も人材不足のためか若い男子だけではなく、ご老体もいれば女性もいて、この暑さの中ちょっとつらそうなおじさんもいたりして。
おかしかったのは、それぞれのチームでそれぞれの孫悟空衣装を揃いで着ているのだが、
履いている靴・シューズはみんなバラバラで、手作り感が伝わってきたりする。

結局、この後ホテル近くの日本料理居酒屋で、牛すじ煮込みをつつきながら生ビールを飲んだ。

2014年2月8日土曜日

わんさかの一日  雪?の高速

雪が音も無くしんしんと降る午前5時45分、
まだ夜明け前の金沢を車で出発。今日の目的地は京都。
設定したナビは到着時間10時15分だが、
そんなに時間は掛からないというこれまでの経験で、京都着9時と見た。

雪は高速道路の進行方向の視界は、ごく普通の走行時とスピードは変わらない程度の雪の降り方と道路の積雪。
これならもっと早く着くかなと思っていた矢先、前の車がハザードを点灯し始めた。
「ありゃ、除雪か・・・」
これだけの積雪だから朝早くから、除雪車を出動させるのは当然だろうと、
あきらめて時速40kmでしばらく列に並ぶ。

こんなハザード点灯の地域が福井県と滋賀県の二カ所で待っていた。
でも、これって何?と感じたのろのろ運転。

高速の数台目に「除雪作業中」の表示点滅の2台の除雪車。
しっかりと走行車線、追い越し車線をふさいで、「追い越し禁止」の表示も点滅している。
この状態が滋賀県のいつも雪の多い木之本インター手前から長浜まで、
調べてみると距離にして15kmくらい。雪は時折パラパラと落ちてくる程度。
その間、道をがっしりと塞いだ除雪車は、ほとんど雪の積もってない道を「除雪作業中」でゆっくり走行する。
あまりにもヒマなので、よ~く見てみると、除雪をするための特殊車のスコップみたいな部分が道路から離れて持ち上げられている。要するに除雪なる作業はは全くしてない状態。
それでも、おそらくマニュアル通りに除雪中の点滅を輝かせてのんびり時速40kmで道をふさぐ。

私にはどう見ても、休日出勤の手当を受給するための時間稼ぎの行動にしか見えない。
お役所らしいと言えばお役所らしいが、そのノロノロ運転の後ろに100台以上の車が迷惑を被っている。
そんなヒマがあったら、雪で今日は本当に大変な関東地方に派遣させろ!と言いたくなる。

これが、何とかミクスとか言うヤツの現実かなと感じてしまった。

2014年1月4日土曜日

ミラノで思ったこと

 展示会への出展で、11月29日から12月9日までミラノに滞在した。
とは言っても、ミラノの中心部から地下鉄で40~50分かかるミラノ郊外の寂れた場所に、巨大な展示会場はあり、しかも、10日間という長い長いの会期中、午前10時から午後10時半までの開催時間で、その間しっかりと拘束されていたため、町に出かけて観光することも出来ない日々。
毎日ヘトヘト・・・・

一日の中で展示会ブースでやることと言えば、ひっきりなしに流れ込んでくる入場者の様子を窺いながら、立ったり座ったり、昼食と夕食の食事時間が近づくと交代で展示会会場内の色んな国のレストランや軽食売り場で空腹を満たし、ちょっと退屈になったら色んなブースに足を伸ばし散歩がてら買い物をする。

午後9時を過ぎても客足はそれほど衰えることもなく、反対に一杯飲みながら会場で騒ぎ出す若い連中が増えてきたりする。それでも、10時には店じまいをして、氷点下になる外に出て、地下鉄の駅二つ隣の、回りに何も無いホテルにたどり着いてシャワーを浴びて一杯やるかの頃には日付が変わってしまう。


これだけの状況の中で、3度目とはいえミラノをもしくはイタリア人を語るのはおこがましいことこの上ないが、とりあえず、今回の滞在で感じたイタリア人像。

1)きわめて時間にルーズである。
ラテン民族だからアバウトさはそれなりに覚悟していたが、これほどひどいものとは・・・・

展示会前日の昼過ぎにミラノ・マルペンサ空港に到着し、「5時までに必ず設営は終えるように!」とうるさく主催者から連絡があったので、タクシーで一路展示会場へ駆けつける。
ところが、うちのブースには荷物が届いて無くて、しっかりバリケードされていた。
隣のブースのお兄さんが一生懸命設営しているその後ろの白い壁がうちのブース。
駆けつけた通訳が運送会社にがなり立てたが全くらちがあかず、そこへうるさく注意してきた主催者の担当者がやってくる。
「どうなってんだ?!オフィシャルの運送会社がこんな状況だよ、どうしてくれるんだ!」と喚くと、
「オフィシャルというのはこの展示会場のオフィシャルであって、うちがオフィシャルとして指定したわけではない」との回答。ラテン系はルーズだけじゃなく責任回避も軽々とやってのける。

2)日本という国を全くわかってない
世界中の国々から「手工芸物産展」として毎年開催されているイタリアで一番大きな、もしかしたらこの手のものとしてはヨーロッパで一番大きな展示会とのことだが、あまりにも雑多すぎて、単なるお土産物物産展であった。
「他に日本の出展社はいないのか?」と主催者に聞くと「あと数件ある」とのことで日の丸を掲げた日本からの出展と主催者の言うブースに行ってみると、どの店も日本人の姿はなく、どこの国籍かわからないアジア人が、ほとんど偽物とわかる商品を何のためらいも遠慮も無く展示している。

おもちゃみたいな刀を所狭しと並べて販売しているブース。「France Orient」というお店。


 
どこからこんなガラクタ仕入れてくるのだろうかとビックリするものを並べる店。浴衣を着たイタリア人女性が「オリンピク」なるバッグを売っている。

SUSHI BAR なる店。もちろん日本人の板前の姿は見あたらない。試しに直ぐ横で「こんな気持ち悪いものよく食うな!」と大声で言ったが振り返った店員はいなかった。アサヒスーパードライとキッコーマン醤油の瓶だけはもしかしたら本物かも。

「どこに日本のもの売ってるの?」と主催者の担当お姉さんルシアナに聞くと、驚いた様子で、「偽物だったら私は許さないわ、即退場させる!」と息巻いていたが、「全部偽物だよ」というと、「上司が認めたからそれでいいのだ」と半分逆ギレ。

3)やけにタバコを吸う人間が多い。
それも人が満杯の展示会場の通路で、歩きながら吸うやつがそこら中にいて、しかも女性がきわめて多い。
化粧の厚いおばちゃんも、若いかわいい子もそこら中でスパスパ。おまけに吸い殻はそこら中にポイ捨てで、床一面吸い殻だらけ。おまけにゴミだらけ。10年前の上海を思い出した。

4)表示類に親切さが感じられない。
通勤の電車が遅れるのは日常茶飯事のようで、誰も抗議することもなく、そもそも抗議しようにも駅員が見あたらない。深夜11時発の電車が55分遅れで、寒いホームで待っていると風邪引いてしまうと思ったのか、前に立っていた客は突然ワインの瓶を空けてラッパ飲みし始めた。
 
 
ちなみに電車に乗っていても、次はどこの駅だとかのアナウンスが全くなく、いまどこあたりかな?駅の看板無いのか?とそれに外を見ようにも社内が温かいため窓は曇り、全く今どこにいるのかわからない。
これもみんな慣れているのだろうか、電車が速度を落とし始め、どこかの駅に近くなると、そこここで「次はどこの駅ですかね?」と他の乗客に聞く人がバタバタし出す。

ちなみにうちのブースはこんな風
 
物珍しさで客はひっきりなし。でも、回りの店のガラクタまがいのものとは単価が一桁二桁違うので、買う人はきわめてまれ。

まあ、ヨーロッパ経済はドイツだけで維持していると言うことが、よくわかった滞在だった。


ヒマだったので、詩が浮かんできたりして。
************************************

世界の至る所に
穴が空いているのに
誰ひとり
気がつかない

耳の後ろには
あらかじめ失われた場所があるのに
誰ひとり
気をとめようともしない

ネコが大げさにつまづく
彼はのんびりと
あくびの出来る道を
いつだって知っているはずなのに
大げさにつまづく

タイトルは「ミラノにて」にでもしようか。


2013年11月4日月曜日

苦手なもの その1「バイキング」

 
 そもそも並んで待つ、ということが大の苦手である。
 ネズミやアヒルの闊歩する何とかランドの入場整理券待ち、これまた某わがまま次第放題の国からやってきたスマートフォンや新しいソフトの販売日の行列、Mのマークのハンバーガー屋のテイクアウトに並ぶ車の列、などなど、他人の勝手だからとやかく言うつもりはないが、コマーシャル戦略にまんまとはまっていながら、自分がさも特殊な人間だと勘違いして、間抜け面で列に並んでいる姿。残念ながら私にはとうてい出来ない世界。

 嫌いだから近寄らないで避ければ良いだけだが、避けられないケースもある。
駅のチケット売り場、空港のセキュリティーチェック、そしてホテルでの朝食のバイキングとかビュッフェと呼ばれるもの。
それにしても、何で「バイキング」などと呼ばれるようになったのだろうか?みんなで一斉に食べ物に突撃するのが、北欧の海賊のスタイルなのだろうか?
調べると、昭和30年代にデンマークのレストランのスタイルを見て、かの帝国ホテルが名付けた和製英語だそうだ。デンマークの人々やバイキングの子孫の方たちはこのことを知っているのだろうか?デンマーク大使館に聞いてみたいものだ。

 ホテルにチェックインして、「明日の御朝食はバイキングになっております」と言われると、しばし眉間に皺が寄ってしまい、近所に和風スタイルファーストフード屋さん、つまり牛丼屋さんはない?と聞きたくなる。
さて、朝のそのバイキングの時間帯になる。
エレベーターには、それらしき老夫婦、子供連れ家族、サラリーマン風おじさんなどが乗り込んできて、中にはホテルのスリッパなぞを履いてくる輩も居て、ピンクやグリーンの「朝食券」を手に握りしめていたり、胸のポケットからのぞかせたりしている。
「うっ、こいつらのんびりそうな顔してるな・・・」このあたりでもう列に並ぶ姿が浮かんでくる。

エレベーターの扉が開き、朝食会場に「私ら全然焦ってないもんね~」という感じでどやどやみんな移動していく。
会場の受付で係のお姉さんが「バイキングになっておりますので、ご自由にお取りください」などと声かけられると、「わかっているけど、どこが自由やねん!」と前の列を見て大きなため息をついてしまう。

 所詮、前の日の残り物の再加工品や業務用パックの中のものを大皿にざっと空けただけの食事のネタで、しげしげと眺めて品定めするようなものはほとんど無いのに、大きな皿を片手にみんな行儀良く並んでいる。鮭とアジの切り身の選択にそんなに時間掛けてどうしようと言うんだ!と後ろから喚きたくなるし、サラダのドレッシングぐらいどれでも良いじゃないか!と前の人間を押し倒したくなる。

 そんなときは、すこぶる「ご自由に」させていただくようにしている。
まずは、空の皿を持ちつかつかと人々を追い抜いて、列が無くても時間が掛かりそうな卵料理担当のコックのコーナーに行き、「目玉焼き、表裏とも焼いて」もしくは「オムレツ、タマネギとハムとチーズ入れて」と注文し、列に隙間のある場所のメニューを次々適当に取り、列の反対側にスペースがあれば逆流して皿に盛っていく、一度テーブルにその皿を持って行き、今度は比較的待つ人のいない主食(ご飯、パン類)のコーナーでご飯を盛り、ちょっど出来た卵料理を引き取る。
もちろん、並んでいる人々のご迷惑にならない動作は忘れない。
この時点でも一緒にエレベーターに乗ってきた老夫婦などは茄子の煮付けにしようか肉じゃがにしようか迷っていたりする。

もっとも、こんなことはほとんど食べ物に好き嫌いのない、「空腹が最大の美食」だと思っている私のような人種しかできないと思っている。

2013年10月1日火曜日

とりあえず記録として、百名山No.96 『赤石岳3,120m』No.97 『荒川岳3,141m』

 9月21日
 前日静岡駅に集合し、山中の細い道を2時間ちょっと車を走らせて到着した赤石温泉白樺荘。
そこから今回の山登りは始まるのだが、なんと愛用のカメラの調子が悪く、画像が覗けないし撮れない状況なので、今回は同行の村岡氏の撮影した画像がほとんどです。

 それにしても、南アルプスの山々は登山口までのアクセスが大変で、そこにたどり着くまでに気持ちがちょっと萎えてしまう。

 それもあり、端っからのんびり行こうや、と構えていたが、
一般車両が乗り入れられる限界の場所の直ぐ手前にある白樺荘から、登山口までの専用バスのバス停に出発したのは午前8時ちょっと前。夜明け前からもぞもぞ起き出して出発の準備をするのが当たり前の山登りの朝としてはきわめて異例で、ゆっくり朝飯をお腹に納めてのバス乗り場横の駐車場へ向かうと、何とビックリ!バスを待つ人の列が長くつながっていて、100人は優に超えていた。

 こんな山に人が本当に来るのか?などとのんびりと構えていて、8時出発のバスに置いて行かれなければいいか、という感じで向かったのだが、この人だかり。これが登山ブームってやつなのか?

 予定の8時を過ぎてもバスは来なくて、先頭の方に並んでいる人に聞くと、あまりにも待っている人が多いので、8時の便はすでにずいぶん前に出発してしまったとのこと。その上、一度の輸送量は28人乗りのマイクロバス2台と5~7人乗りのワゴン車3台、合計すると一度に輸送できるのは80人くらい。しかも、次の便は時刻表によれば10時半、ということはそのまた次の便12時発に乗ることになるとわかり、一気にあきらめムード。
陽がだんだんと高くなり暑くなってきた道路脇の日陰で、なんだかやけくそ気味にワインの小瓶を取り出して待ちました4時間。
この時点で、当初予定していた荒川岳~赤石岳のコースを、反対の赤石岳~荒川岳に変更を決める。

 12時発のバスは28人を乗せて出発し、そのうちの半数近くの人間は約1時間かけて椹島(さわらじま)ロッジ手前の登山口に下ろされる。時刻は太陽が真上の午後1時。
以後、3日間、同じコースを歩くこの十数名と色んなところで顔を合わせることになる。

さて、登るとするか・・・・

 植林地の山道なのでそれほど面白いとは言えない登山道をひたすら進み


 最後の「歩荷返し」なる急坂を登り


 日暮れ前にどうにか今夜の宿「赤石小屋」に到着

 
 
9月22日
 一夜明けて、昨日とは気合いの入れ方がちょっと違う朝。
相変わらず良い天気で、昨日の4時間半の山小屋に到着するだけが目的とはうって変わり、
今日は百名山を2座登頂し、10時間近くの尾根沿いの道。自然と気合いが入る。
尾根と言っても決して建物の天井みたいに同じ高さの場所をまっすぐ歩いている訳じゃなく、いくつもの山を登ったり下りたり。
 
 
 山の地図によればこの日の目的地千枚小屋にたどり着くまでに、赤石岳~小赤石岳~前岳~中岳~荒川岳(荒川東岳)~丸山~千枚岳と山が連なっている。
 
とりあえず、夜明けと共に赤石小屋を出発。
しばらくするとその名の通りの「富士見平」朝日の中の富士山。
 
 
そして、今日最初の目的地「赤石岳」が見えてくる。

 
「ラクダの背」と呼ばれる結構急な沢沿いの道を進み、見上げると赤石岳への分岐の稜線が見えてくる。
 
 
およそ3時間で、先ず一つ、赤石岳。 富士山もくっきり。
 
ここからが稜線の道。山の地図には「稜線の空中散歩」と書いてある。
 
で、小赤石岳。富士山がしつこく着いてくる。
 
まだまだ、これから空中散歩 
 
 
しばし下って石川県人にはちょっと気になる名前の「大聖寺平」 
 
振り向くとさっきまで居た「小赤石岳」 

下ったら今度は登り 
 
中岳とぽっかりと異空間を思わせる避難小屋 

 
ちょっと霧が出てきて、今日2座目の百名山「荒川東岳」
ここで出発して8時間経過。 

 
ごつごつした稜線の道から、穏やかな形のその名も「丸山」
もう少しだ、頑張るべ!と深呼吸。 

 
標高2800m近辺でも鹿は登ってくるようで、高山植物が荒らされないように柵が張り巡らされている。

 
そして、千枚岳。朝からペースメーカーのようにず~っと私たちの先を歩いていた健脚カップル。
後ろに見えるのは荒川東岳と丸山 
 
午後5時ちょっと前、約11時間半掛けて千枚小屋に到着!
月も夕陽もきれいで、ここまで来れば後は下りるだけ。
ちょっと寒さを感じながらビールでご苦労さんの乾杯!
 
9月23日
千枚小屋からのご来光 
 
 
とりあえず、2座こなしてホッとして下山。